スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日産 ティアナ(TEANA)

日産 ティアナ

ティアナは日産の世界戦略車に位置づけられているセダンで、世界各国で販売されている。

初代ティアナはセフィーロとローレルの統一後継者として2003年に発売開始され、「クルマにモダンリビングの考え方」というキャッチフレーズの通り、その特徴的なインテリアで人気を博した。

2008年6月2日にフルモデルチェンジ。

2代目ティアナのキャッチフレーズは「おもてなし」の空間を車に。

その特徴的なインテリアは初代から引き継ぎながら、さまざまな点で進化している。

2500ccV6または3500ccV6エンジンを搭載し、4850×1795×1500というサイズでありながら、価格は246万7500円~とコストパフォーマンスの高いクルマに仕上がっている。

装備面も充実しており、初代にはなかったサンルーフ(スタイリッシュガラスルーフ)が採用されたり、助手席にパワーオットマン機構、前席のベンチレーション機能、BOSEと共同開発したサラウンド・サウンドシステムなど盛りだくさん。

この新型ティアナも日産の世界戦略車の名にふさわしい売上を上げることができるか?

今後が楽しみな車だ。
スポンサーサイト

«レクサスRXの滑り出しは上々 | トップへ戻る |  スバル エクシーガ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。